【お知らせ】電子書籍発売と一部の詩作品の電子書籍への移行について

 いつもお世話になっております、仮名吹(かなぶき)です。上記の件に関し、近日中に電子書籍の詩集『精神病院を退院したら詩が書けた―仮名吹(かなぶき)詩集―』を刊行させていただくことになりました。スマートフォン等でも読むことが可能です。
 定価は税込324円で、クレジットカード払いのほかdocomoとauの場合は携帯電話料金に上乗せしてのお支払方法も選択できます。
 この詩集には商業詩誌の読者投稿欄に入選かつ掲載された詩作品3篇のほか、このブログに掲載していた15篇を含む全40篇が収録されています。
 そのため下記の15篇をブログから電子書籍へ移す作業を行いました。以後はこれらの作品を電子書籍でお読みいただけることになります。
 「今度からは金を取るのか」とお思いの方もおられるかもしれませんが、著者は心の病を抱えて障害年金給付を受けながら生活しており、給付額も多額とは言えないため少しでも生活費の足しにできれば…との切実な思いからこの発売価格に設定させていただきました。
 皆さまのご理解をお願いいたします。

記(電子書籍に移行した詩作品15篇)
●カフェのお姉さん●宇宙旅行●光の微粒子●二人芝居
●風が吹いたあとの恋●どしゃ降り女子●緑色の髪の女子●一九九五年まばたきしない瞳
●戦争論●コンビニに吹く風●悲しい人びと●病院広場のおしゃべり会
●文学少女●名もなき人びと●千一夜
以上

この記事へのコメント