学級裁判


オカマ、キモいから死ね

2学期から
男子から女子にかわったAさんが
12月に自殺しました
遺書もなく、担任の先生は学級会で
彼女に何があったのか、
生徒たちから話を聞くことにしました

成績優秀のB君が最初に証言しました
授業態度の悪い不良のC君たちが
Aさんの心を黒く塗り潰していた、と

性同一性障がいを理由に
心の上での殺人行為は許せないと
B君はC君を激烈に責めました

オカマ菌つくぞ、近寄るなよ

先生はC君に事実かと問い質しました
C君は事実だと認めた上で言いました
B君とガールフレンドのDさんが
「殺し」の現場を指差して笑っていた、と
直接間接にクラスの全員が
若さの崩壊現象を起こしていました

その時Aさんの遺書が
机の中から発見されました
「誰も悪くありません」と
先生の筆跡で書かれていました

そして
先生も生徒たちも
みんな教室からいなくなりました
どこへ行ったのかわかりません
Aさんの机の花一輪だけを残して。

この記事へのコメント